【先生向け指導のコツ】理解>形式の効用とは?

 

枝葉末節は後で

講師の指導を見ていて、「せっかくいいところなのに」と残念に思うことがあります。

 それは、生徒が理解をしてきて「わかった」という瞬間を正に迎えそうな時に、水を差すことを言ってしまう指導を見たときです。

 たとえば数学で、連立方程式の加減法をやっていると生徒はいろんな書き方をします。自分なりのやり方で+とーを途中で書き変えたりして、指導する立場から見ると「こんなやり方でかえって混乱しないかな?」と思います。

もちろん、実際に混乱が生じる場合も多いため、最後には書き方の注意をします。「ここで自分で符号を書き変えてしまったので、前とつなげて間違ったね」などとアドバイスをします。

 しかし、やり方を荒削りに覚えてきて、ようやく「ああそうか」とわかりかけたタイミングで、「ここの書き方をまず気をつけないと…」と言ってしまうのはマズイやり方です。

適切な時期がある

 物事にはそれぞれそれを行う適切な時期というものがあります。ボールをまっすぐ投げることがまだできない子どもにカーブの指の握りを教える人はいません。

 勉強に関しては、チェックするポイントがたくさんあるため、どうしても指導する側は近視眼的になりがちですが、生徒のわかる喜びが満ちてきたときには、まずそれを十分に味わってもらうようにしたいものです。

 まず最初は「実質>形式」で良いと思います。実質が整って来たら、やがて形も覚えるという流れの方が何事もスムーズにマスターをしていけるでしょう。

形式に走りすぎると勉強の面白さは失われることが多い気がします。

形式に振り回されない指導

生徒と話していると妙な話をよく聞きます。

 中学の国語で、漢字のはねの長さが少し短いために、全部漢字を×にされたり、数学で、解答も考え方も正しいのに、式が模範解答と異なっているので減点されたりといったことが、教師の裁量で実際に行われることがあります。

*近年、文化庁から「字の細部に違いがあっても、その漢字の骨組みが同じならば、誤っているとはみなされない」との指針 が発表されていますが、これは、その指針発表後の話です。

 単純にかけ算の式の順番が違うから×とか、およそ考えられない採点も目にします。交換法則を知らんのか?と聞きたくなります。

 生徒の学ぶ楽しさやわかる喜びを失わせるような指導については、学校で本当に教師の監督をしっかりしてもらいたいと切に願っています。


 もうずいぶん昔になりますが、自分が教育実習に行った際に代表で模擬授業を全教員の前でやったことがあります。

 まだ本当に指導の右も左もわからない当時ですが、夜中まで準備して授業に臨みました。

 自分で言うのも何ですが結構いい授業でした。社会の授業でしたが、導入から工夫もあり、ストーリー性もあり興味をもつ資料も準備して、見ている先生方もわりと引き込まれる内容だったと思います。

 事実、講評の際には「頑張ったね」との労いの言葉が出ました。でも私はそれよりも、どんな所を気をつければいいのかがどうしても聞きたくて批評の言葉を待っていました。

 しかし、複数の先生から出たのが、何と「国民の『民』という文字の左下はとめます。はねません」という批評でした。

 やったのは社会科の模擬授業です。

 そして、内容についての具体的な批評はついに1つもありませんでした。

 私が学校の教師にならなかったのは、司法試験を受験していたこともありますが、このときの体験で学校というものに落胆したということがわりと大きかったと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA