【考える力】反論ができない「世界5分前仮説」とは?

世界は5分前に創造された?

「世界は今からたった5分前に創造された」という「世界5分前仮説」というものがあります。

 イギリスの学者バートランド・ラッセルが哲学における思考実験で、この考え方を明らかにして、「知識を持つ」ということの意味を世に問いかけたとされています。

 初めて聞いた方は、「そんなわけはないじゃないか」と笑います。

「自分は今日5分前より前にも生きてここにいたぞ」と言うかもしれません。

 しかしこの考えに対して、私たちは決して論理的に説得力のある反論をすることはできません。

なぜなら、過去の事実というものを思い浮かべているのは、必ず現在の自分であって、過去にいるわけではないからです。もしも過去がなかったとしても全く支障がありません。

 だから、理由は不明ですが突然すべての世界が5分前に出現して、すべての人々が5分前以前の作られた記憶を持っていると考えることもできるのです。

論理だけを拠り所にすると、この世に証明できないことはたくさんある

 おかしな話のように聞こえますが、論理的に考えればまさにその通りで、論理というものに従う限りはこの可能性を覆すことはできません。

 極端な考えで言えば、創造主が仮想のこの世界を5分前に突然作成したため、人々は人類や宇宙の誕生から現在に至るまでの記憶を自然に持ったまま、突然発生したという可能性もゼロではないからです。

  子どもの頃、私の周りにいた大人にこんな感じの荒唐無稽な話をすると「屁理屈を言って」とよく言われたものですが、この話を聞いた人の反応もきっと様々だと思います。

「屁理屈」の一言で片づける人もいれば、

「論理的にはそうだが、現実の可能性は限りなく低い」と冷静に判断する人もいるでしょう。

「いや本当にこの世界は仮想の世界だけど、5分前じゃなく100年くらい前にできたのじゃないか」と言う人もいるかも知れません。

 しかしどの考えであっても、論理的に証拠を示して反論をすることがおよそ不可能である点が実に面白いと思います。

 そして信じやすい人の中には「自分の記憶は、本当に実際に経験をした真実の記憶だろうか?」と疑い始める人もいると思います。

 実際私もこの仮説を初めて聞いた時には、「自分のすべての記憶が作られたものだったらどうなるのか」ということを考えてみたりしました。

アーノルド・シュワルツェネッガー の「トータル・リコール」

 実際にこういう発想で書かれたSF小説もあります。

 (少しネタバレになります。ご容赦を)

 アーノルド・シュワルツェネッガー が主演のSF映画「トータル・リコール」では、記憶が売買される世界で、偽りの記憶を植え付けられてしまった主人公が、真実の記憶を取り戻して世界を救うというストーリーが描かれています。

 私もこの映画は何回か見ました。アクションシーンが少し多すぎにも感じましたが、記憶を奪われたりする話は新鮮なストーリーでとても興味を持てました。

 この映画を見ると、記憶を変えられてしまえば、人間は自分のアイデンティティを簡単に失ってしまうことがわかります。

 空想の世界の話ではありますが、人間が過去をとらえているのはすべて自分の記憶だけであり、その記憶を再現しているのは現在であるということから、過去というものが自分の頭の中にしか実在しないということをよく表していると思います。

 実際、こういう考え方からか、アインシュタインも「過去・現在・未来という考え方は幻想にすぎない」と述べていたりします。

 また、最近ではカルロ・ロヴェッリという学者が「時間は存在しない」という考えを公表して話題になっていますが、その中で「 過去と未来が違うのはこの世界を見ている私たち自身の視界が曖昧だからである」という趣旨のことを述べていて、これもこういう考え方に近いものがあるのかも知れません。

 何にしても、考えていくととても面白い題材だと言うことができます。

考えること

 抽象的に物事を考えるという能力は人間に特有のものだと思います。

 可能性をあれこれ考えることは実に楽しいものです。

「もし」とか「こうであればこうなるはず」というような仮定や論理を組み合わせて自分も初めに想像しなかったような結論を導くことができるのは、論理学の醍醐味です。

 シャーロックホームズがわずかの手がかりを組み合わせて、想像を超えた結論を出して犯人を捕まえるストーリーのようなものです。

 現実に近くないからとか、そんなことはあるはずがないからといった先入観を捨てて、ゼロベースで思考をしてみるというのも、時には良いものですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA