【謎の巨石】誰もが気になる立岩

 愛知県豊橋市雲谷町の巨大な岩場「立岩」に行ってきました。

 立岩は湖西市新所原と豊橋市の県境近くにある岩場なんですが、

初めてこのあたりを通過する人は必ず

「あの大きな岩は何だろう」

と思わずにはいられない大変目立った大きな岩です。

 私もずっと気になり、一度行ってみたいなと思っていましたが、今回ついに行ってきました。

 登り口の案内などはないため、周辺を何回かうろうろしてしまいましたが、

立岩公園と稲荷神社(立岩神社)があるところの裏に岩があることから、ここから行けないかなと思って行ってみました。

 思った通り、稲荷社を奥に入っていったところから岩場に向かう道がありました。

お参りをさせていただいた後岩場に向かいました。

 この立岩は神社の御神体だそうです。

そのためロッククライミングなどは禁止しているらしいです。詳しいことはわかりません。

 突然目の前に巨大な岩が現れます。

 遠くから見ていて大きいことはわかっていましたが、間近に見るとその大きさに驚かされます。

 もちろん私は岩登りなどはできませんので、左手にある登り道をたどって岩の上の見晴らしの良い場所へ回りこみました。

 途中、神社側から見て岩の裏にあたる高い場所に防空壕跡が2つありました。

岩場に不意に現れたので驚きました。

 そしていよいよ岩の上に出ます。

岩の上は非常に見晴らしが良く、

東は豊橋から渥美半島の蔵王山

西は浜松方面が一望できます。

 長年気になっていた巨石立岩の正体がようやくわかりました。

景色も良く最高でした。

神社裏の森もとても神秘的で、神々がそこにいるかのような荘厳な雰囲気がありました。

 岩については、横道から回り込めば見晴らしの良い岩の上に出られるので、誰でも登れるとは思いますが、

 普通の山とは異なり、岩は切り立っていて非常に高いため岩の上は大変危険です。行ってみた実感としてはかなり高くて怖かったです。

(フェンスなどはありません)

だから皆さんには、行く代わりにこの記事の写真を見て満足していただければ幸いです。

 *それでも登りたいという方は、くれぐれも気をつけて自己責任で登るようにしてください。

 立岩街道をはさんで反対側の梅田川では、随所に菜の花が咲いていて、

 まもなく来る春の訪れが待ち遠しく感じられました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA