【発想の転換】菩薩像はなぜ微笑んでいるのか

微笑んでいる仏像とモナリザ

 日本に住む私たちは、いろんな機会に仏像を目にします。

 私は仏像の専門家ではないので、詳しいことはわかりませんが、

 ほどんどの仏像はやさしく微笑んでいます。

 一説によると仏像の笑顔は、古代ギリシャのアルカイク美術に由来するものらしいですが、その独特の笑顔(アルカイックスマイル)はとても印象的です。

 顔の表情を極力抑えながら、口元に笑みを浮かべるこの微笑みは、受け取る側の見方で色々な見方もできる謎の微笑みでもあります。

 有名なモナリザの微笑みもこのアルカイックスマイルの一種だと言われているようです。

菩薩なのになぜ皆笑顔なのか

 菩薩(ぼさつ)というのは、悟りを求めて修行をしている人のことを言いますが、その中でも観音菩薩は人々の声を観じて(深く体感して)苦悩から救う使命を持った菩薩です。

 いずれにしても修行が完成していない段階の人が菩薩ですから、当然苦しみや悲しみを持つことも普通の人より多かったのではないでしょうか。

 しかし仏像になっている菩薩は、皆やさしい笑顔を浮かべているのです。

 なぜでしょうか。

それは多くの仏典にも書かれているように

「一切皆苦」(世の中の苦しみというのは消すことは不可能であること)

「諸行無常」(すべての物事は移り変わり固定ではないということ)

とあるように、何事も自分の思い通りにならないのが現世である以上、

それを知って暗い顔をしていても始まらないということがあるのだと思います。

 菩薩あるいはブッダでさえも、つらいことがないというわけではないのです。

人間である以上

つらいことや悲しいことがあるのが当然なのに、

「何事もなかったような顔」をして

微笑んでいるのが凄いのです。

 そしてそのことを表して造られたものが、本当は仏像の始まりなのではないかと思います。

見る人を明るくさせる笑顔

 ではなぜ仏像は微笑んでいるのでしょうか。

その理由ははっきりしています。

他人に自分のつらさを渡してしまうことがないように微笑んでいるのです。

 つらいことがあったときに

自分だけ暗い顔をして不機嫌になって

感情的になったりするのは無理からぬこともありますが、

 菩薩が微笑んでいるのは

せめてつらさは自分の中で留めておき、

世の中に流出させないでおこうという考え方がそこにあるからではないかと思います。

 私たちは、楽しくて仕方がない人が笑顔でいるのを見て

「素敵だな」と思いますが、

 自分のつらさは少しも表さず、穏やかにやさしい笑顔を絶やさない人を見て

それよりも、もっと大きな何かを感じることがあると思います。

仏像が私たちに与える崇高な印象の元は、

実はこのような思想にあるのではないかと思います。

 普通の人間にはなかなかできることではありません。

 しかし、だからこそ仏像の笑顔は有り難いものであり、

私たちが目標にすべき最高の微笑みなのかもしれません。

 今後も皆さんのお役に立つ考え方をアップしていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA