【大器晩成】「最後に笑うものが一番よく笑う」

大器晩成

 今の時代は以前に比べてずっと人々が長生きするようになりました。

そしてそれだけではなく

子どもの成長も肉体的な面はともかく、精神面で大人になるまでには以前より時間がかかっているような印象があります。

 最近何かの際に、「実は現在の若者の思春期は30代」というような話を聞き、「ひょっとしたら、そうかも知れない」と思いましたが

また社会的にも経済的にも、自立するまでにより長い期間が必要になっています。

 こんな時代ですから、プロスポーツや芸能人や特別な若い才能を必要とするクリエイティブなジャンルはともかく、

それ以外の分野では、大きく成功を収めるまでにはある程度の年齢と時間が必要なんだと思います。

 「大器晩成」の時代ともいえますが、平均寿命が延びて100歳も普通になる今後は、60代70代での成功も、もはや「晩成」ではなく普通のことなのかもしれません。

最後に笑う人が最も良く笑う

 そんな現代にぴったりのイギリスの格言があります。

それは「最後に笑う人が最も良く笑う」という言葉で

He laughs best who laughs last.

が原文です。

 もちろんこれは必ずしも「人生の最後に」というわけではなく

何事も途中経過はともかく、最終的に結果を出した人が一番の利益を得ることができるという趣旨の言葉です。

簡単に言うと「油断してはいけない」ということになりますが

これを人生訓として考えると

私は、「長い人生いろいろな苦労があるにしても、最期の瞬間に笑顔で終わることができたなら、それがベスト」という風な解釈を自分でしています。

そういう読み方をすると、なかなか自分を励ましてくれる格言に思えてきます。

 最初にこの言葉を知ったのは中学生の時でしたが

その最初の時から、この解釈でこの言葉を励みにしています。

 「最期の瞬間にはきっと自分は笑うに違いない」と思っていれば、少々の苦難は乗り越えていけるのではないかと思います。

 今後も皆さんのお役に立つ情報をアップしていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA