【精神一到って何?】Where there's a will, there is a wayの固い訳し方とは?

あまりにもイメージが違う

 Where there's a will, there is a way.

こんな英語のことわざがあります。

will はここでは「意志」の事を指しますから、直訳すると「意志のある所に道がある」という意味のことわざです。

 これだけだと、「まあそんなものか」という話ですが

 これと同義のことわざとして、「精神一到何事か成らざらん」ということわざが挙げられ、

テストなどで出題された場合には、訳としてこのことわざが解答とされるのが通例です。

 こちらの言葉は、中国の儒学者朱熹(朱子)の言葉を集めた「朱子語類」に出て来る言葉で、

「精神を1つの事に傾けて集中すれば、何事も達成することができる」という意味があります。

 でも、どうでしょうか?

2つを対比すると、あまりにそのイメージが違いすぎませんか。

道を拓く思考と根性論

 Where there's a will, there is a way.

意志があれば、そこに道が拓けてくるという

どこか希望に満ちたイメージの言葉だと思います。

 何事も「考え方」こそが重要で、まず「意志」を持って先を見つめていく事が大切だということを、この言葉から示唆される気がします。

way とか will という言葉はそういうイメージを導いてくれます。

 これに対して、「精神一到何事か成らざらん」というのは

「とにかく強烈な意志で突き進めば必ず成功する」ということを表現するものです。

こちらはむしろ

モーレツな根性論的なイメージの言葉と言えるでしょう。

 同義のことわざとして学校では習う両者ですが

少しニュアンスが違いますね。

これは「way(道)」とか「will(意志)」という言葉の響きやイメージと

「精神一到」とか「成らざらん」といった

メンタルの傾向を強く表現した言葉のイメージが違いすぎることによるギャップだと思われます。

 もちろん、言っている意味自体はそんなに隔たりがあるわけではなく

「うまく同義のものを探してきたな」とは思うのですが…。

「英語のことわざ」学習の面白さ

 以前にも書きましたが、「英語のことわざ」を学んだ時に

英語のそれと同義の言葉として紹介される日本語のことわざには、微妙なニュアンスのずれがあります。

そして、そういういわば両者のミスマッチ感が、「英語のことわざ」がクイズ的なものになり

興味を持たれることになっている原因なのですが、やはり最初は、「あれっ」と感じることが多いです。

 英語圏で語り継がれている言葉と、日本(多くは中国由来)で言われている言葉では

ニュアンスの違いが自然に生じるはずですから、当然と言えば当然ですね。

 私たちは、そういう微妙な違いをむしろ楽しむべきかもしれません。

 それにしても、実感としては、「精神一到」が「there's a will」とは何ともしっくりきませんね。

皆さんはどう思いますか?

 でも、高校でテストに出たら、この答えを書いてくださいね。

問題文に「似たような意味の」ではなく「同じ意味のことわざを選べ」とあっても

「同じ意味のことわざは正確にはない」なんて正直に書くと

先生とバトルになるかもしれませんので、そこはご用心を…。

今後も皆さんのお役に立つ情報をアップしていきます。 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA