【伊良湖の魅力】変わらぬ絶景「日出の石門と恋路が浜」

 久しぶりに日出の石門に行ってきました。

日出の石門は、伊良湖岬近くにある岩礁で

大きな穴が開いていて石の門のように見えることから

この名前がついています。

 これは岸の石門です。

 向こう側に海が見えるトンネル(石門)なのですが

まさに奇観と言ってよいでしょう。

自然の造形の不思議さに魅了されます。

 石門にはもう一つ別に、海の中にある沖の石門もあります。

 これは沖の石門の岩礁を横から眺めたものです。

 これらの自然が創り出した造形は、長らく伊良湖を訪れる人たちの目を楽しませてきました。

 地殻変動により、チャートという堆積岩でできた岩礁が海上に隆起した後、長い間の波による浸食で穴が開いて石門ができたものと言われています。

 付近には断崖となっている場所や、岩礁が海中からそそり立つ場所もあり、見ごたえがある景勝地となっています。


 日出の石門には2つの行き方があります。

 一つは42号線沿いにある日出の石門駐車場から浜を歩いていく方法です。海岸も美しく南国ムードが感じられます。

 もう一つは42号線を更に進み大変急な坂を登っていくと急なヘアピンカーブの手前に駐車場があり景色を展望できる場所(日出園地)があります。

ここから階段を降りて行くという方法です。このルートでは感動的ともいえる壮大な太平洋の風景を眺めることができます。

(この2枚は過年撮影)

 日出の石門の付近は海岸も美しく、またサイクリングロードもあり自然を直に感じられる場所がたくさんあります。

 そして、この先の日出の石門から伊良湖岬までの間には

恋路が浜と呼ばれる美しい海岸があります。

いつもここに来ると

一瞬のうちに

南国気分になってしまうので不思議です。大変素敵な場所です。

皆さんも、行ってみる価値は大いにあると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA