【合理的学習法】「課題が終わらない」それ、やり方間違っていませんか?

課題以外には何もできない理由  今の学校の成績評価システムと大量に出される課題の中では、 学校の課題を含めて自宅学習をどうやっていくかということが、成績を向上させるための重要なテーマになっています。  しかし保護者の方には心当たりがある方が多いかと思いますが、その課題すら終わらないという生徒は実にたくさんいます。  確かに部活動や学校行事等で忙しいということはある... (続きを読む)


【暗算のデメリット】ミスの温床は実は「暗算」にあり。

時間短縮に役立つ暗算  理数系科目ではテストのときに時間が足りなくなることが多く、問題を解く時間の短縮は1つのテーマです。  暗算でこの問題解決しようとする生徒がいます。 確かに、暗算は時間を短縮することに役立つことがあります。  前に「計算のコツ」について何回か記事にしたことがありますが、 24×1000や400×0.5を筆算でやっているのを見ると「... (続きを読む)


【記憶を意識する】「同じ間違い」を繰り返すのは決して偶然ではない。

「同じ間違い」を繰り返すのは当然  テストの際や演習の際に、何回も何回も、同じ間違いを繰り返す事があります。 その度に「ああ、そうだった」と反省しますが、それでもまた間違えたりします。  こういうことは誰もが経験をしている事だと思います。 一度で何もかも、正確かつ精密に暗記をしていくことができればいいのですが 人間はAIではありませんので、間違いをします。 ... (続きを読む)


【記憶法】知っていますか?「風景に記憶をさせておく」事ができること。

思い出す時に浮かぶ風景  勉強をしていたときに、それを見ていたのか あるいは何かの際に、その風景と言葉が結びついたのかはわかりませんが ある言葉を思い出すと、ある風景がかならず頭に浮かぶということがあります。  これは私だけでなく、わりと多くの人が経験をしている事のようです。 そして風景だけでなく、浮かぶのは音楽だという人もいます。  よく昔よく聴いて... (続きを読む)


【一夜漬けでいいの?】「先んずれば即ち人を制す」

先んずれば即ち人を制す  故事成語に「先んずれば人を制す」という言葉があります。  これは、漢の高祖劉邦と天下を二分して争った項羽の事を記した「史記」の「項羽本紀」に出て来る 「先即制人、後則爲人所制」 「先んずれば即ち人を制し、後るれば即ち人の制する所と為る」から来ています。 「人よりも先に何かを行えば有利になり、後から行えば他人が有利になる」という意味の... (続きを読む)


【他人は変えられないが自分は変えられる】You can lead a horse to the water, but you can’t make him drink.

「先生の言う事をよく聞くのよ」  最近は、おそらくこんなことをいう保護者は少なくなってきているかと思いますが 私が子どもの頃は、学校の先生に対する社会的な尊敬の度合いはまだかなり高く 私も私の周りの人たちも、学校へ入学する時や学校へ登校する際には 「先生の言う事をよく聞くのよ」という台詞を聞かされたものです。  学校の先生にとっては、古き良き時代だったのかも... (続きを読む)


【今やっている学習の名前言えますか?】「式の計算」と「方程式」は何が違うのか。

1学期も後半  新しい年度が始まって早いものでもう2か月が経とうとしています。 数学の学習では多くの学校では、計算が中心とした学習をしていますが 来るべき試験では、「計算は得意だから高得点を目指そう」と思っている生徒も多いかも知れません。 逆に「私は考えるほうが好き。計算はミスが出てイヤ」なんて生徒もいますが 割合でいえばやはり計算では点を稼ぎたいという方が... (続きを読む)


【物理の先生がわからない生徒の疑問の意味】その回答、質問に答えてないのでは?「等速直線運動は、なぜ力がはたらかない運動なのか?」

等速直線運動と慣性  中3物理で等速直線運動を学習します。 等速直線運動は読んで字のごとく「速さが一定で一直線上を進運動」です。 わりと単純な話で、これは楽勝と思っていると 突然「等速直線運動は力を受けていない運動(力が働いていない運動)である」という事が書かれているのを発見します。 ほぼすべての生徒がここで「あれっ?」と思うようです。 「何で力を受け... (続きを読む)


【論理的に考える学習】「0は偶数? マイナスの偶数ってあるの?」

論理的でないように感じる事  学習をしていると論理的でないように見える事が結構出てきます。 科学は論理によってすべて説明されると思っていると 意外にファジーな事やすっきりしない事があって 「何だかよくわからないな」と思うこともよくあります。 ましてや社会科学では社会のさまざまな利益衡量によって成り立っている部分が多く たとえば法律学では一つの論点につい... (続きを読む)


【現在完了(継続)のツボ】ここが微妙?「since と for の見分け方」

現在完了 中3の英語の前半で出てくる文法として現在完了形というものがあります。 これについては別の記事で何回か説明をしていますが 大きく「継続用法(ずっと~している」「完了用法(~してしまった)」「経験用法(~したことがある)」などがあります。 今回はこの中の「継続用法」のキーワードであるsinceとforの見分け方について書いてみたいと思います。 sinc... (続きを読む)