【春を告げる梅の花】向山緑地梅林園の素敵な花たちと青空

 週末に、豊橋市向山緑地内にある梅林園へ行ってきました。  梅林園は青雲学院の豊橋中央校から歩いて行ける距離にあるのですが、私は不覚にもこれまで梅が咲いているときに行ったことがありませんでした。  この時期は「うめまつり」をやっていて、結構人が来ていました。 あちこちで写真を撮る人たちの姿がありました。  ここ向山緑地の梅林園は、東三河地方... (続きを読む)


【時間を味方にする】落ち着くと「時間が増える」?

少しの時間でやってしまえること  日常生活や仕事で、時間はあまりないけれども 「これやったおいたら後で楽だな」って思えることありますよね。  たとえば、ちょっとした整頓。  塾では仕事柄本を使うことが多いので、本棚にも本がたくさんあります。   仕事がしやすいように、本を戻す場所は図書館のごとく決まっています。  でもいかにゾーニングをしっかりしてい... (続きを読む)


【進路選択】やってはいけない志望校の選び方とは?

志望校を決めている生徒とそうでない生徒  中学生でも高校生でも、多くの場合自分の進路がはっきりと決まっているという生徒はそんなに多くありません。  世の中の経済状況が芳しくないためか、普通科に進学する生徒の割合が以前より相対的に減ってきているような気もします。  けれども、だからと言って誰もが早期に自分の進路を絞り込めるものではないというのは、いつの時代も変わりません。 ... (続きを読む)


【勉強 ≠ 作業】成果を上げるための「勉強の質」とは?

たくさん書いて勉強した気になっている生徒  勉強というと、多くの人がノートに一生懸命漢字や単語を書いていくシーンを思い浮かべます。 「ああ、勉強しているな」  見ている人は、「いかにも勉強しているな」という印象を持ちますが、本当にそうでしょうか?  実はノートに繰り返し何かを書いて覚えるというのはやり方がかなり大切です。  やり方が悪いと、時間ばかり浪費する... (続きを読む)


【学習効果が出ないとき】理由を正面から見つめ直すことの重要性

時間をかけてやっていても成績が悪くなる場合  中学生でも高校生でも、成績が思うように伸びないことがあります。  たとえば  前回数学で70点台を取ったので、奮起して数学に力を入れてテストを受けたつもりが、今回取れた点数は65点だった。 というようなことは、実はよくあるのです。  意外に思う人が多いのですが、学習というものはやりさえすれば結果が出る単純なものと考えてい... (続きを読む)


【時間感覚】時計を見ないと時間がゆっくり過ぎる?

ラストあと10分しかない。どうしよう  テストや模試で、正解を出せるのにそれをやる時間が足りないという時間不足に陥ったことのある人は、たくさんいると思います。  「ラストあと10分しかない。どうしよう」という状態です。  そんなとき受験生にはどんな手があるでしょうか?  時間については主観的な時間というものがあり、掘り下げていくと非常に面白いので、それについてはま... (続きを読む)


【試験直前対策】なぜボーナスポイントをゲットしないのか?

試験直前には何をやればよいか? 試験が近づいてきたときに、よく生徒から聞かれます。 「今は何をやればいいですか」 そもそも、そんなことをテスト直前に聞いている時点で、「大丈夫か?」と言いたくなりますが、 まあそれは置いて、 テストの直前になったらやるべきことは確実にあります。 それは、 「今からやっただけ得点になること」です。 ... (続きを読む)


【算数のコツ】文章題の苦手を克服する最初の方法とは?

文章題が苦手な生徒の共通点 算数の文章題が苦手な生徒はたくさんいます。  計算や図形はできるけれども、文章題のコツを掴めないという話もよく耳にします。 これは文章題では、問題文の読み取りという国語的な要素が入ってきて、出題の意味をしっかり取れないことが原因かと思われます。 文章題を苦手にしている生徒を見ていると、ある共通点があります。 それは頭の... (続きを読む)


【五公五民】権益を持つ者に求められる「お互いさま」の心とは?

江戸時代の五公五民  江戸時代の年貢を納める率は五公五民であったそうです。   農民の取り分と農民が納める年貢とが5:5の割合でした。  江戸初期には四公六民( 五公五民より厳しかった)でしたが、八代将軍徳川吉宗の享保年間の頃から五公五民となったと言われています。  私たちが歴史の勉強をしていて、この五公五民について聞くと、 「半分も持っていかれるのか。... (続きを読む)