【暗記の秘策】言えますか?歴史上日本にできた「三つの幕府の名前」

歴史嫌い  以前から社会科が好きな生徒の絶対数が減ってきているように感じていましたが 最近は特に「歴史や地理が嫌い」という生徒をよく目にするようになりました。  これには実は「教科書が面白くない」ことが大きな原因であると言われていますが、 さらに言えば政治的な配慮で、日本人の子ども(大人も)なるべく歴史を面白く感じないようにしているのではないかと思われるほど教科書... (続きを読む)


【専門用語】なぜ違う意味に?わかりますか?「けだし名言」の意味。

法律家に特有の言葉づかい  私が以前長く司法試験を受験していたことは何回か記事にしました。 そして私は合格しませんでしたが、長男は合格して今弁護士をやっています。 親子二代で法律の論文 ーと言っても私は試験で論文を書いていただけですがー に日常的に触れてきて、前から不思議に思っていたことがあります。  それは「なぜ世間と違う言葉を使うことが多いのだろうか?」という... (続きを読む)


【内観する力】親鸞の言った「こころは蛇蝎のごとくなり」の本当の意味は?

心は蛇蝎のごとし 「悪性(あくしょう)さらにやめがたし こころは蛇蝎(じゃかつ)のごとくなり 修善(しゅぜん)も雑毒(ぞうどく)なるゆえに 虚仮(こけ)の行(ぎょう)とぞなづけたる」という親鸞の言葉が『正像末和讃』の中の『悲嘆述懐和讃』に記されています。 浄土真宗の祖・親鸞(しんらん)はこの言葉をどのような趣旨で述べたのでしょうか? 直訳すると、「人の心の本性は、欲や怒... (続きを読む)


【横断的学習】知ってますか?「見る角度を変えるだけでわかり易くなる事」 富士山は「円錐」でもあり「円」でもあります。

富士山を上から見ると  富士山は日本の象徴ともいえる山で、実に美しい形をした山です。 その稜線は素晴らしい曲線美を誇り、自然にできたとは思えないような景観です。 時々訪れたくなるのは、おそらく私だけではないと思います。 見て癒されるだけでなく、何か前向きで壮大な気持ちにさせてくれる山ですね。  ところが、富士山を上から見ると、写真などでは稜線をうかがわせる線... (続きを読む)


【読解への誤解】読解問題は「真の国語力」を試しているのではないことに早く気付きましょう。

読解問題にもレベルがある  問題文の読解がポイントになる問題としては、たとえば数学の方程式の問題であれば、 単純な整数の計算問題から始まり、カッコがある問題、小数の問題、分数の問題、それらの混合問題、計算の利用の初歩、食塩水や長文のややレベルの高い問題、初手の内容を聞く応用問題・・・ 基本の基本から超ハイレベルまで無数のレベルがあります。 学習をする生徒も、問題を... (続きを読む)


【大乗仏教】引き寄せの最短距離、それが「布施」

大乗仏教と小乗仏教(上座部仏教)  ブッダ(ゴータマ・シッダールタ)が開祖とされる教え、それが仏教です。ブッダは「目覚めた人(悟った人)」という意味の言葉です。 その仏教も今は様々な宗派に分かれていて、数限りなく色々な教えがあるように私たちには思えます。  私も仏教徒で曹洞宗のお寺の檀家ですが、もちろん日本の仏教ですから、強い宗教色はなく、冠婚葬祭や行事、儀礼的な面でお... (続きを読む)


【歎異抄】「善人なほもて往生を遂ぐ、いはんや悪人をや」の本当の意味とは?

歎異抄  『歎異抄』は非常に多くの人に読まれている仏教書ですが、これは浄土真宗の祖・親鸞(しんらん)の弟子の唯円によって鎌倉時代に書かれた本だとされています。 当然ながら親鸞の物事の考え方や宗教観が書かれているもので、その思想は現代の私たちに対しても色々な意味で意義のある教えを示すものとなっています。 中でも「善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」という非常に有名な... (続きを読む)


【中村天風の言葉】「幸せになるための方法」とは?

中村天風の言葉 「もし、知識だけを磨いて人間が幸せになれるなら、学問を一生懸命勉強した人はみんな幸福になれそうなもんじゃないですか。そして、学問を勉強しない人はみんな不幸であるべきはずだが、そうじゃないでしょう」  これは中村天風の言葉です。 中村天風は実業家であるととも有名な思想家で、歴史上の偉人である東郷平八郎、原敬を始め、松下幸之助氏や稲森和夫氏など実業界の人物に... (続きを読む)


【合理的学習法】「課題が終わらない」それ、やり方間違っていませんか?

課題以外には何もできない理由  今の学校の成績評価システムと大量に出される課題の中では、 学校の課題を含めて自宅学習をどうやっていくかということが、成績を向上させるための重要なテーマになっています。  しかし保護者の方には心当たりがある方が多いかと思いますが、その課題すら終わらないという生徒は実にたくさんいます。  確かに部活動や学校行事等で忙しいということはある... (続きを読む)


【暗算のデメリット】ミスの温床は実は「暗算」にあり。

時間短縮に役立つ暗算  理数系科目ではテストのときに時間が足りなくなることが多く、問題を解く時間の短縮は1つのテーマです。  暗算でこの問題解決しようとする生徒がいます。 確かに、暗算は時間を短縮することに役立つことがあります。  前に「計算のコツ」について何回か記事にしたことがありますが、 24×1000や400×0.5を筆算でやっているのを見ると「... (続きを読む)