【情報リテラシー】知らずに住所を公開してしまう危険とは?

手軽に撮影できるスマホ写真

 今は大変便利になりました。

スマホが高性能なカメラ機能を持つようになったため、誰もが色々な写真を手軽に撮影でき、

その画像を簡単に加工・保存してウェブ上にアップしたりできるようになっています。

 ちょっと庭の花を見て

「きれいだな」と思ったら

撮影して、それを自分のブログにアップしたり

SNSに上げたりすることもできます。

 そして多くの人が、日々色々な画像をウェブ上にアップしています。

知らずに記録されるExif(イグジフ)情報

 ところが

「皆さんが気づかない間に、個人情報が公開される危険がある」と言ったら

驚かれる方もいるかもしれません。

 でも実際に、写真の情報には個人情報とも言える情報まで含め記録されているのです。

それがExif(イグジフ)情報です。

Exifは Exchangeable image file formatの略で、デジタルカメラで画像を保存するときに同時に記録される情報です。

JPEGやTIFFなどの形式(ごく普通に写真を撮る場合に保存される形式です)の場合に 

撮影日時・撮影条件・場所(位置情報)などの記録がされて、アプリなどでの使用時の参考にされたりするようです。

 簡単に言うと

自宅で写真を撮ると、撮影日時と撮影場所の位置情報(緯度・経度・標高)が画像と共に記録されているため、

それをアップすると、文章などの情報と照らし合わせて自宅が特定されていまう危険があるのです。

 よくフェイスブックのチェックイン機能(「今〇〇は~にいます」という情報機能)で使い方を誤ると、旅行中に空き巣に入られるなどと言う話が話題になったりしましたが、

このExifも同様に、

単独ではそんなに危険があるものとまでは思いませんが

他の情報と合わせて、かつ悪意の第三者が存在した場合には

そういう危険が生じうることもありうるものだと思われます。

 一番の問題は、写真を撮っている多くの人がこのことを知らずに使用しているということです。

ウェブ上には以前からExifの事はたくさん出ていますが

私たちのようにブログを書いたりしていないと、画像の情報などに触れることもないので

なかなか知らないままという人が多いのではないかと思います。

 現代は、次々と新しく便利なものが出現してきますが

よくわからないままそれを使っていると

危険なこともあるということは知っておくことが重要です。

 今は多くの新技術が、ほどんどウェブとつながった形のものなので、

情報については

一瞬に世界中に広がってしまうということになるから、危険を軽視できないのです。

まず個人情報がどの程度公開されるかを確認する

 現在は主要なSNSでは

このような危険が問題になったため

アップして公開されるときに、Exif情報が消去されるようになっています。

ツイッター、インスタ、フェイスブックなどは、自動消去に対応しています。

他にも対応しているものがあります。

今後も自動消去に対応する所が増えてくるかもしれません。

 また、Exifは自分で削除することができます。削除用のアプリもあります。

だから適切に対応すれば、必要以上に恐れる必要はありません。

 このExifに限らず

「個人情報が知らない間に公開されてしまう行動」というものは

新しいアプリやSNSを使い始めた時には、ついうっかりやってしまうこともあります。

 よく話を聞くのが

SNSの設定時に

よくわからずに電話帳データを同期したら

次々に新しい人に連絡が行ってしまったという話です。

これも、しっかりと説明を確認して

個人情報がどのように公開されるのかを確認してれば

防止できることですが

アプリもSNSもとにかく便利なため

順にスマホの指示通りに進んでしまうと

こういう情報の面については

簡単に「公開」にしてしまうということもあります。

 面倒に感じるかも知れませんが

実際には少しの時間で済みます。

個人情報の取扱いについては十分に確認をして

利用をスタートするようにすることが重要です。

今後も皆さんのお役に立つ情報をアップしていきます。


“【情報リテラシー】知らずに住所を公開してしまう危険とは?” への2件の返信

  1. ありがとうございます。よくわからないまま操作すると言うことがあるので、今の時代、石橋を叩いて渡れデスね。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA