【先生向け指導のコツ】「天丼ください」「はいオムライスね」

注文してないものを勧めてくるお店

 料理屋に入って

自分が注文したものと違うものを

「これ美味しいから」

「これ身体にいいから」

と言って勧めて

注文したものを出してくれないお店はどうでしょう?

 本当にそれが美味しかったり

身体に良かったりしても

二度と行こうとは思わないでしょう。

 それは、その時自分に必要がないからです。

指導はプレゼント

 生徒にとって新しい学習をして未知のことを知ることは、

知的好奇心を満たすと当時に、未来へ向けて夢を広げることのできる瞬間です。

 そのワクワクした気持ちこそ、指導する者が学習する生徒たちに一番与えなくてはならないものだと思います。

 指導とは、教師が生徒に新しいワクワクをプレゼントするものと言いかえてもよいでしょう。

まずそのことを教師は念頭に置かないといけないと思います。

指導は、教師が自分を披露する場ではない

 教師にはもともと話が好きな人が多いのだと思いますが

学校の授業でも本題から外れてしまって、結局必要なことは説明がなかったという話はよく聞きます。

 もちろん一概にすべていけないとは言い切れません。

 真に心を打つトークで学習する意欲を燃え立たせることも可能ですから

いつでもカリキュラム通りであればよいわけでもありません。

 しかし生徒たちの話を聞く限りでは

自分のプライベートな話を延々としゃべっていたり

学科の内容とリンクさせない話をずっと話す方も時々いるようです。

 そして授業でしっかりした説明がないまま、

テストではその出題がされるなんてことも時々耳にします。

 これだといったい「誰のための指導か」ということになりますね。

「今知りたがっていることを今十分に説明する」それだけのこと

 授業でも個別指導でも、指導を終えて教師が

「今日の生徒たちはやる気がなかった」

とつぶやくときには、経験上大抵教師の側に問題がある場合が多いように思います。

 自分が説明をしたのに生徒の表情が良くない場合、

まず本当に生徒の側に問題があるのかどうかを、必ずチェックすべきだと思います。

 チェックするポイントは、

「今生徒が知りたいことを、今十分に説明できているのかどうか」です。

その際には

①教師がやるべき指導をしっかりやっているか

だけでなく

②生徒に合った形で指導を提供できているのか

も必ず確認してください。

 冒頭の授業の話のように、全く別の話を延々とすることは論外ですが、

生徒に寄り添って指導をしているつもりでも

「生徒がわからないことが何か」のキャッチが甘い教師は、生徒からの信頼を早々に失ってしまいます。

 天丼を食べたいのに、「これがいいよ」と言ってオムライスを出すような指導が

良いプレゼントになるはずがありません。

それは「余計なおせっかい」というものです。

天丼が食べたい人には、いっしょうけんめいおいしい天丼を出してあげるべきなのです。

生徒が望んでいること、知りたいことに正面から返答をせず

自分がその日予定していた別のことを

「これが大切」と言って

延々と指導をしてしまっている教師はおそらくたくさんいます。

 個別指導でなく授業の場合は

授業の進みや生徒全体へのバランスも考慮しなくてはいけませんが

やり方はいくらでもあります。

「人を指導する」ということには

手順や段取りだけで考えていけない部分があります。

一度「先生は僕の分からない事には興味がないのかな?」

と思われたら

もう良い指導なんてできるはずがないのです。

「天丼」には

まず「天丼」です。

 そのためには、

「どんな天丼が食べたいのか」

「てんぷらの揚げ具合はどうか」

「ご飯のかたさはどうか」

「タレはどんな味付けがいいのか」

といったことを細かくリサーチして天丼を作るのです。

 今後も皆様のお役に立つ情報をアップしていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA