【音羽川堤】御油の松並木と桜並木

 愛知県豊川市の御油の松並木を見てきました。

 御油の松並木は、東海道の御油宿と赤坂宿の間にある松並木で、約600mにわたって現在も300本近くのクロマツの並木が続きます。

 地元の方によって愛護会が作られ、近くには御油松並木公園が整備されています。

御油の松並木資料館も設置されています。https://www.city.toyokawa.lg.jp/shisetsu/bunkakyoiku/goyumatsunamiki.html

 また御油の松並木は天然記念物にも指定されています。

 4月初旬の今回は松並木だけでなく、美しい桜並木も見ることができました。

 音羽川堤には約600本のソメイヨシノが植えられていますが、どれも見事に満開で訪れる人を歓迎してくれていました。

 美しく咲く桜の姿は、好天の青空と相まってとても良いムードで、其処彼処に癒しの空間を創り出していました。

 多くの花がそうですが、ある時一斉に開花をして咲き誇り、短い期間だけ美しく輝くことが花の魅力かも知れません。

 満開を迎えた瞬間には、もう盛りを過ぎてしまい始める

 そんなはかなさも私たちを惹きつけるのだと思います。

長年人々を見守ってきた松並木と

私たちに癒しを与えてくれる桜並木

 私たちは目に見えないところでも

自然から色々な恩恵を受けているのだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA