【読解力】自分の目で描写を「見る」能力とは?

読解力のない生徒の共通点  国語だけでなく,、とにかく読解問題は苦手という生徒がいます。 問題を解こうとしても、文章が何を言っているのかを十分に把握できず 周囲に書いてあることを適当に組み合わせて、出題と全く関係のないことを書いていたりします。 聞かれていることの意味もわからない。 文章に書いてある内容もつかめない。 自分の書いていることが問題とつなが... (続きを読む)


【学校再開対策】進みが速い授業への対応

予想外の展開も  長い学校休校が終わって学校再開への動きが始まっていますが、 授業が始まっている学校の進み方は先生にもよるものの、それぞれかなり違うようです。  でも総じて進みは速く感じます。  これは無理もないところかも知れません。 学校としても何とかスムーズに、いつもと同じとまではいかなくても、少しでも追いつければと考えているのではないかと思います。 ... (続きを読む)


【学習のコツ】記憶のポストイットとは?「東はどっち?」

「東はどっち?」  社会では方角を聞かれる問題があります。  たとえば地形図で「学校は駅からどちらの方角か」というような聞き方がされます。  こんな単純な問題でも、4つの方位「東西南北」が分からないという生徒は結構います。  地図の基本は「上が北、下が南」(方位記号がない場合)くらいは知っている場合が多いのですが、 左右のどちらが東で、どちらが西かを混乱して... (続きを読む)


【実感を持つ学習】地理を楽しむコツとは?

地理に興味を持てない生徒  中学になると社会が苦手という生徒が少しずつ出始めます。 大抵の場合生徒は「すぐ忘れてしまう」とか 「上手く覚えられない」という理由を言いますが、 一番多いのは「なかなか興味を持てないから」という理由です。 特に地理はそういう傾向が大きい科目だと思います。  でも、地理は現実に役に立つことは多い科目です。 大人になった時... (続きを読む)


【歴史学習のコツ】背景とつなげて覚える明治維新の「四字熟語」

明治維新の学習  徳川幕府が倒れて明治になり、天皇中心の政治体制が始まったのが明治維新です。 私たちのイメージでは、江戸時代と言うとかなり昔で自分とは関係があまりないような気がしますが、  明治ともなるとそんなに昔でもなく、文化面では現在に直接つながるようなものも出てきているので、明治維新を境に一つの大きな区切りがあるように感じるかと思います。  さて、その明治維... (続きを読む)


【考える学習とは】暗記不要「自由権と社会権」

考える学習  学習については、暗記一辺倒の学習をやめて「考える学習」をすべきということがよく言われます。 でも「考える学習」と言っても漠然としていてどういうことかイメージしにくいという人も多いと思います。 今回は、基本的人権の学習を例に挙げて「考える学習」ということについてお伝えしたいと思います。   憲法の基本的人権  憲法第3章では基本的人権の例が... (続きを読む)


【学校再開へ向けての学習】主観的時間と学習効率

時間がないときの学習  時間がないときには、とかく雑な学習をしてしまいがちです。 問題を解いて間違いを確認する際に、しっかり理由も読まないで次へ進んでしまったり、 覚えていくものも、とにかくノルマ達成を意識してしまってただ通るだけの学習になってしまったりします。  これはテストで時間がなくなった時の状況とも似ています。 上滑りな状態になってしまって、時間がな... (続きを読む)


【時間の不思議】時間は同じ長さではない?

時間の感じ方  勉強をしていて、どんどん新しい問題を解いていたら 「これだけの時間でこんなにたくさんの新しいことができた」と びっくりしたことはありませんか? 逆に、授業を受けたり仕事をしていて その日やったことが、普段とあまり変わらず平凡な感じの内容だった場合に 「今日は何かすぐ終わってしまったな」とか 週の終わりに「今週はやけに短かったな」と... (続きを読む)


【学校再開へ向けての英語対策】必ず使えるようにしたい「文の仕組みの公式」

文の構成がわからない  英語が苦手な生徒は単語が覚えられないというよりも、多くの場合は英文法が苦手です。 英文法ができないから、当然英作文もできないということになります。  そしてその中でもとても多いのが、文の構成(文の仕組み)自体をよく分かっていない生徒です。  My sister likes the cat . というような基本的な文さえ、並び替えて正しい並びにするこ... (続きを読む)


【学校再開へ向けて】正答率を上げる「学習の精度」とは?

正確ではない解答  テストの採点などをしていると、明らかに間違っている解答や空欄などは別として、 「たぶん大体は分かっているのに間違えてしまっているんだな」と思われる解答に出会うことがよくあります。  たとえば理科の火山の学習で出てくる「斑状組織」を「班」という字で書いてしまっていたり 歴史で出てくる「埴輪」と「土偶」を取り違えてしまうような似たものの取り違えなど... (続きを読む)