【情報リテラシー】加速する情報格差。あなたの周りの人は大丈夫ですか?

何もかもがワンタッチに

 今や「インターネットなくして生活が出来ない」といっても過言ではないくらいに

生活のいろいろな場面に、ネットを介したサービスや情報伝達が入りこんでいます。

大変便利な世の中になったものです。

 たとえば自宅にプリンターがなくても

近くのコンビニにフラッシュ(原本を記録した媒体)を持って行けば

A3位の大判のカラー印刷でも、100円未満で非常にきれいな画質で印刷ができてしまったりします。

また媒体を持って行かなくても、クラウドに保存して印刷予約をすれば

カラー写真とかもわずか数秒で印刷がされたりします。

 私が学生時代にも、コピー屋さんというものがあり、

1枚20円とかでコピーをしてくれるというサービスが、大学の周りなどにはたくさんありました。

それのWEB版と言ってもいいのですが、便利さのケタが違います。

何もかもがどんどんワンタッチでできるような、そんな時代になりつつあります。

 進まないオンライン化

 世界では、どんどんオンライン化が進み、便利なものが次々に導入されていく中、

我が国においては、あらゆる面でオンライン化が遅れていると言われています。

 政府もようやく動きを見せ始めており

今回の新型ウィルス騒動があって、オンライン化に舵が切られるかとも思われましたが

実際には、まだまだオンライン化は進んでいないようです。

 日本人の場合には、新しいものには慎重な国民性というのがあるのかもしれません。

動画サイトやSNSは娯楽用?

 もちろん多くの人が配信された動画をWEB上で見たり

SNSをやるようになったりしていますので

その意味では、劇的に変化は有ると思いますが

 実際には、娯楽用であったり商売の宣伝用に使ったりしている場合が多く

情報を収集するために活用されていることは、

意外に少ないようです。

地震速報とか台風情報くらいしか使わないという人もいますね。

情報源は今もやはりマスコミから

 仕事柄多くの人と話す機会があります。

 それで最近気付いたのは

これだけ情報源が多くなっている時代になっていても

ほとんどの人のメインの情報源は、今でもマスコミであるということです。

 データとしても、「国民が最もマスメディアを信頼している国」の中の1つだという結果が出ています。

海外の人は、初めからメディアを信用しておらず期待もしていませんが、日本人はそうではないようです。

 たとえばアメリカ大統領選のことも、

与党の公式発表である近未来の社会計画のことも

厚労省の公式発表内容でさえ

マスメディアから流された内容だけしか知らなかったりします。

 以前ならそれで良かったのかも知れません。

しかし現在、メディアの質が明らかに低下している中

メディアは故意に一部の情報しか流さなくなってしまっていますから

それだけを情報源にしていること自体が、残念ながら大変危険なことになってしまいつつあります。

 このことは、何も大げさではなく

ネットで普通に流れている情報がある事項に関して

TV新聞のみで情報を得ている人と会話すると

限られた情報しか知らないことに驚くことがあります。

持っている情報量が、非常に限られてしまっているのです。

 無理もないと思います。

最近では、メディアは報道機関と言うよりも言論機関化してしまっていて

一面しか情報を伝えないため

それだけを情報源にすれば

本来必要な情報の半分、いや5分の1も情報を得ることはできないのではないかと思います。

対策は簡単ですが・・・

 でも対策は簡単です。

ネットを娯楽だけに使わず

情報取得の道具として使えばいいだけのことです。

 そうすると情報量が圧倒的に増えるため

何が正しく、何が疑わしいのかを

他人の頭ではなく

自分の頭で考えることができるからです。

 その上でメディアが正しいとなればそれも良いでしょう。

 現にネット上にも、嘘だらけのサイトはたくさんあります。

「その言葉は誰が言った言葉ですか?」

 しかし残念ながら、ネットから情報を得ずマスメディアのみから情報を得ている人は

「ネットには嘘がいっぱい」

「陰謀論だらけなので騙されないようにしないと」

というように思って、ネットの世界に入ることを避けるようにしている人が多いようです。

 これは何も年配の人に限りません。

若い人もそうです。

 そんな方に質問です。

「そういった『嘘』とか『陰謀論』という言葉、誰が繰り返して言っている言葉ですか?」

 そうなんです。

実はマスメディアが言っているのです。

だからこの言葉も、話半分で聞いておくべきでしょう。

 どちらが正しいという話ではありません。

まず、冷静に自分に必要な情報を

情報があるところから、なるべくたくさん集めて

その上で自分の頭で考えることが、とても必要なのではないでしょうか。

現代では、情報伝達のスピードが飛躍的に速くなって

世界も、時間的空間的にとても近い存在になりました。

 そんな時代ですから、私たちが知らない間に逆に色々と大変な事が起こってくるかもしれません。

 信じて良いのは事実に基づく情報だけです。

ネットで何かを主張している人でも、

テレビで説明をしているコメンテーターでもありません。

取捨選択して、そういう正しい情報を得ていくことが、

これからの時代では最も大切になってくると思います。

 今後も皆さんのお役にたつ情報をアップしていきます。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA