【夏の夕暮れ】明日への希望を感じる夏の夕べ

 夕暮れというと秋のイメージがありますが、夏の夕暮れもまた独特の良さがあります。

 寂しさや詠嘆を「秋の夕暮れ」に詠み込んだ有名な俳句や短歌は多くありますが

夏の夕暮れについては、そんなに有名なものがありません。

 これは夏の夕暮れが、そういう寂しげなイメージをもたらさないからだと思います。

どちらかと言うと夏の夕暮れは、エネルギッシュな感じを人々に与えるような気がします。

 暑い一日が終わり

沈みゆく夕暮れを目にして

「明日も頑張ろう」

そんなイメージが夏の夕暮れにはありますね。

 昔陸上部に所属していた頃

毎日毎日グラウンドを走っていて

日が暮れて

夕暮れ空を目にしつつ、クールダウンをしたあの日を思い出します。

「ああ、練習終わりか」というほっとした安堵感と

お腹を空かして帰宅する充実感が蘇ってきます。

 「きっと明日もいいことがある」

そんな気持ちを持つことができる夏の夕暮れですが

それは今も変わることがないような気がします。

皆さんにも

明日いいことがありますように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA