【渥美半島】「手つかずの自然」を目にすることができる楽園

 渥美半島は、大都市である名古屋からはかなり離れているためか

大型のリゾート施設やテーマパークなどはありません。

地元の人の中は「観光客誘致をもっとやってほしい」というような意見を持つ方もいるとも聞きますが

むしろこの地方独自の魅力と色を出した観光やレジャー、あるいはアウトドアスポーツへのご招待があるのではないか

そんな風に考える人も多いようです。

 私もその一人で、他の地域にないこの渥美半島の素晴らしさを世界にもっと発信していけるといいなと思っています。

 渥美半島の良さの一つに、人の手がそんなに入っていない「手つかずの自然」を堪能できることがあります。

例えば東京近郊の鎌倉や伊豆と比較するとよくわかると思います。

鎌倉や伊豆は確かに素晴らしい観光地ですが

観光客向けの大型施設や宿泊施設、テーマパーク、そして各種のお店が延々と並んでいて

休日は「人人人・・・」の波になったりします。

 そういう所で楽しむのは、それはそれで楽しいのですが

結構疲れたりします。

 その点渥美半島はご覧いただくだけでわかるように

そもそもたいていのスポットにそんなに人が集中するようなこともありません。

夏期のピーク時には一部で渋滞が起こることもありますが

 ほぼスイスイに車は流れていますし

 目的地の駐車場で「1時間の入場待ち」なんてことは絶対にないのです。

そして何よりも、加工されていない自然の中で

自分の思い思いに楽しめるという事が大きな魅力です。

 サーフィンをやるもよし、サイクリングやマリンスポーツ、フィッシングをやるもよし

海だけでなく登山できるスポットもあります。

こんなに豊富に自然を楽しめる場所は日本中探してもそんなにはありません。

 大自然に囲まれた場所というのはすごく山奥だったり、人がほとんどいない交通の便が悪い場所だったりすることが多いのですが、

この渥美半島は、大自然の恵みを感じることができるのに交通の便はよく

東海道をちょっと南下するだけで、すぐに素晴らしい海や山を目にすることができるのです。

 皆さんもお休みの日には、

いや、近郊の方はお休みの日でなくても

ちょっと渥美半島の素敵な自然と風景を見に来てください。

 私は大学で東京に行っていた期間を除いて、ずっとここ渥美半島に住んでいますが

本当にここは「楽園」です。

空気も水もおいしい上に、ちょっと自転車や車を走らせば

絵画のような美しい海岸や鳥がさえずる光あふれる山々に入っていくことができます。

この幸運を私は世界の皆さんにも共有していただきたいと思っているのです。

 ご来訪お待ちしています!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA