【学校休校で学べない単元「天気」】天気予報が外れるワケとは?

ワクワクする天気図の学習

 中2で天気(気象)の学習をしますが、興味を持って学習する生徒が多い単元だと思います。

 これは普段天気予報というものに日常的に触れているため、学習に実感を持って取り組むことができるということが大きいと思います。

 現在は学校が長い休校になってしまっているため、中2の最終単元である天気(気象)を学校で習わない、あるいは途中まで学習した段階で中3を迎えている生徒もかなりいるようです。

 人によっては、「いいところで学習が止まってしまった」と感じている生徒もいるかも知れません。

 そこで今回は天気(気象)の学習についてのお話です。

 天気予報と関係がある天気図の学習は、天気の単元の中でも一番最後に習う内容です。

 だから、まさに学びたくてもそのままストップしてしまっている単元ということになります。

お子さんが興味をお持ちであれば、どうかご一緒にお読みください。

外れる天気予報

 天気予報というと

「だいたい当たるけど外れる時もある」というイメージを持っている人もいるかも知れません。

スマホに向かって

「今日雨振るって言ったじゃないの」と傘を持って怒る前に

どうして天気予報ができるのか、それを考えて見ましょう。

 日本付近の上空には偏西風が吹いています。

 大気の層は地上に近いところから順に「対流圏」「対流圏界面(境目)」「成層圏」と続きますが、偏西風は対流圏の下層で吹く西から東へ向かう風です。

この風の影響で、日本付近の天気はおおむね西から東へ順に移り変わっていきます。

天気図を見るとその動きが良くわかります。

 更に対流圏上層部の対流圏界面(成層圏との境目)付近ではジェット気流と呼ばれる強い風(偏西風の一種)が吹いています。

 ジェット気流は時速100kmに達する速さになる場合もあります。西から東へ飛行機が向かう場合にこれを利用することでも有名です。

 第二次世界大戦時には、日本がアメリカを爆撃するためにジェット気流を利用した風船爆弾を考えたという話も残っています。

 また、これらの風の蛇行により高気圧や低気圧も生み出されていますが、その蛇行が大きくなったりすることで異常気象も発生することがあるようです。

 こういった理由で日本付近では天気の変動が起こるわけですから、

西から東への天気の動きというものも、簡単に言うと風次第・気圧の動き次第という要素が大きいのです。

だから正確に必ず的中するということは難しいということになります。

考慮すべき要因が多すぎるからと言っても良いでしょう。

 天気予報士の方には悪いですが、AIがそのうちすべての要素を一瞬で判断してもっと正確な予報をしてくれるようになるのではないかと思います。

天気図の勉強をすれば気づくこと

 中2で学習するこういう天気の動きの勉強は上記ほど詳しくはありませんが、

 何日間かの天気図を見比べて、「この高気圧が次の日にはここに来て」といったような学習をするので、生徒は天気予報の仕組みを知ることになります。

でも例年どこの学校でも年度末のため、この天気図と天気予報の所はさっと通ってしまう学校が多く、学校によっては3年に持ち越しをすることも結構あります。

 なので天気図の勉強が天気予報と関係していることにすら気づかずに終わってしまう生徒が実はたくさんいます。

でも天気図を見て天気の動きを一度も見れば、天気予報をするということは簡単ではないこともすぐわかるのです。

中学3年生になって2年の理科の教科書で天気の授業が行われないままになっている方は、こういう話を頭に入れて教科書を読むと楽しさは倍増すると思います。

 私たちが身近に見たり聞いたりしている天気予報と直接関係のある勉強ですので、冒頭にも書いたようにワクワクしながら学んでほしいです。

 今後も皆さんのお役に立つ情報をアップしていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA