【小学算数のコツ】文章題を解けるようにするためのイメージ作りとは?

小学生の時の学習のやり方はこの先の学習を左右する

 小学校の勉強も年々内容量が多くなってきました。

一時期に比べると思考力が必要なものも多くなってきていて、

特に算数などではかなり応用的な内容のものも見かけられます。

 小学生の時の学習のやり方は今後の学習生活のあり方を大きく左右するものです。

だから

単なる暗記式学習ばかり

単なる計算ばかり 

漢字の書き取りばかり

だけではない

「思考力を重視した学習」の台頭は

とても良い事だと思います。

 以前、いわゆる「ゆとり教育の時代」に

「円周率は3でも良いものとする」

という記載を見て

「これは日本の教育も終わったか?」

と思ったりしましたが

最近ではかなり盛り返してきたように感じてはいます。

 でも、今も昔も

「文章題が苦手で」という方は

本当に後を絶ちません。

これはなぜなのでしょうか。

 今回は、文章題がいつまでたってもできない理由と

文章題が得意になる方法についてお伝えしたいと思います。

文章題になると、かけ算ばかりの答えを書く生徒

 実際、小学校の算数で文章題を苦手にしている生徒はかなり多いです。

計算ドリルのような問題はスイスイと解いても、

文章で聞かれるとまるっきりお手上げになってしまう生徒もいます。

 これは本人に能力がないということではなく、

最初にやり方をしっかり教えてもらっていないことによって、苦手意識が出来てしまった場合がほとんどではないかと考えています。

 もちろん学校の授業でも具体例を挙げて説明がされたはずですが、

その後自分で問題を解くときには、

生徒は一旦振り出しに戻って、自分で問題を見て考えることになります。

 この時、生徒は問題の文章を目にして

これまでの単純な計算問題については

目の前に出てきた数字をとにかく使って、

自分の知っているやり方をしたら正解してきたので

今度もそれでいけると思い、文章の中にある数字を拾い計算をします。

 そしてこれまでと同様に、何となくかけ算をしたら

(かけ算だけの問題が並んでいるので当然)

全部正解になります。

それで「ああ、これでいいんだ」

と思ってしまうのです。

 これは本当によくあるパターンです。

 このようなことが起こるのは、学校の最初の授業で簡単な問題の立式の方法を教えても、

生徒本人がそれをイメージできているか十分に確認できないまま、

どんどん演習に入ってしまうことに原因があります。

 また学校の算数のテストの多くが、「~のかけ算」というようなタイトルになっていて、

全部かけ算すれば文章をよく読まなくても満点が取れてしまうようなものであることも、

十分に理解しないまま進んでしまう要因になっていると思います。

 文章問題は単純計算ではないので、十分に立式のイメージができないまま演習をたくさんやっても混乱するだけです。

 まず十分にイメージをできるようにすることがとても大切です。

それを最初の時点でしっかりやらないと、次第に生徒に苦手意識が出てきます。

 そしてそういう生徒は、文章題を「当たった」「はずれた」という観点でしか見れなくなってしまいます。

単純な計算問題と違うという意識がなかなか持てないのです。

軌道修正には何よりもイメージングが重要

 文章題が苦手な生徒が一番できないことは、問題文に書いてある状況をイメージすることです。

例を挙げて説明します。

 「100円のりんごが5個あります。合計でいくらになりますか」

この問題は、100×5=500という計算ができれば答えられる生徒がほとんどです。

ところが、その問題の後に、

 「たまごを5個買ったら合計で100円になりました。たまご1個はいくらですか」

という問題が出てくると、驚くことにかなりの生徒は

5×100=500という計算をするのです。

 なぜ文章に全く違う状況がはっきり書いてあるのに、読まないで同じようにかけ算をするのか、私は最初大変疑問に思いました。

 その後、こういう間違いをする生徒は問題文を読んでも、「たまご」「100円」「5個」「いくら」という情報しか読み取れず、

その相関関係を文面からは全くつかめないのではないかという考えに至りました。

 生徒と問題について詳しく話をすると

「ああ、そういうことか、全部で100円払ったんだね」

ということにようやく気づき、納得をするからです。

口頭だとイメージができるのです。

  指導の際に図をかいたりすれば、イメージが浮かびすぐ納得できるということからも、このことは分かります。

イメージする練習

 イメージをできる人間からすると、文章問題を見て簡単な図をかいたりしてイメージして解答をするのはそんなに難しいことではなく

むしろ図をかかないとわからないような問題もたくさんあります。

 そしてやり方を教わらなくても、最初から見よう見まねでイメージができる生徒もいます。

 しかし、自分だけではうまくできないという生徒も実際はとても多いのです。

 そういう場合には、図のかき方、イメージングの仕方自体を一から教えてあげなくてはできません。

 それをせずに

「よく考えて」

とか

「これはこうだからおかしいでしょう」

などと言っていても、それだけでは

文章題は一向に解けるようにはなりません。

ここが実は重要なポイントなのです。

「どこがおかしいか」という以前に

問題の状況が全くつかめていないのです。

 たとえば先ほどの問題にしても

「じゃあ自分でこの様子を図にかくか絵に描いてみて」

と言ってかかせて、それを見て考えさせるのです。

そのとき注意すべきポイントは、教える側がかくのではなく、

必ず本人にかかせることです。

実際には、かかせてみてもびっくりするほどかけません。

やってみると驚かれると思います。

いかにイメージングができていなかったかがはっきりわかると思います。

 でも焦る必要はありません。

図のかき方から1つずつアドバイスしていきましょう。

一見非常な遠回りのように見えますが、こういうやり方をすれば

次第に自分の頭でイメージをすることを生徒はつかみます。

すべてはそれからだと思います。

 良くないのは、文章題が出来ないからといって、イメージングを覚えないまま、

たくさんの問題をやることでマスターしようとすることです。

 慣れでできてくる部分ももちろんありますが、

生徒によっては問題になっている状況をイメージせずに、

字面だけで答えを出す自己流のやり方を作ったりしてしまうことがあります。

 たとえば割合の問題で、何を何に比べて考えるのかという一番基本になるイメージの部分を頭に浮かべず、

「すべて小さい方を大きい方で割る」

といった覚え方をしてしまうようなことは、とても危険です。

そうなると、少しひねった問題や応用問題が出てきたときには、お手上げになってしまうことになります。

意味がわかっていないからです。

 逆に一度図をかいてイメージして正解を出せるようになった嬉しさをしっかり味わうと

今度はそういうことが「勉強」なのだと気付きます。

そうすると

「計算ばかりじゃつまらない。文章の問題がやりたい」

というような「考える学習」志向の状態に変化してきます。

こういう流れこそが

小学生の時期に、将来へ向けて通過していく必要がある、重要な学習法マスターの過程だと思います。

 目先のドリル的学習にのみ目を向けていては

その先の学習への道筋がつかないことも起こります。

先を見据えてプランニングしていくことをぜひお勧めします。

今後も皆さんのお役に立つ情報をアップしていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA