【田原アルプスシリーズ】太平洋と三河湾を見渡す蔵王山

 今回は田原を代表する山、蔵王山に登ってきました。

蔵王山は渥美半島の真ん中あたりにある

田原アルプスの一角をなす山です。

東北の蔵王山と同じ字を書きますが

あれほど高い山ではなく

登り易いのに風景がとても良いので

観光スポットとして有名な場所になっています。

 山頂からは

太平洋・三河湾だけでなく遠く設楽や長野、三重方面の山々が一望できます。

空気が澄んでいる日には富士山も見ることができます。

 車で簡単に登れますが、徒歩の場合には麓の「権現の森」からスタートするのがオーソドックスな登山コースです。

 権現の森は、ちょっとした公園になっています。

公園の中には小川が流れていたり、小池があったりしてとてもいいムードです。

遊具も整備されていて家族連れがいつも遊びに来ています。

ピクニックには最適の場所だと思います。

 権現の森の奥の長い階段を登っていくと

熊野権現があります。

広場になっているその場所は、ちょうど紅葉が見事で

京都に旅しているような気分になりました。

この麓の社が「熊野権現」で山頂近くにあるのが「蔵王権現」のようです。

そしてこちらが、「蔵王権現」です。山頂の少し手前の場所にこの建物があります。

 さて、麓から登っていく山道は、小川沿いの道ですが

昼なお暗しと言った感じの小道です。

「ししおどし(鹿威し)」が昔から設置されていて

なかなか風流のある山道です。

さらにしばらく登っていくと

「ふくしば広場」があります。

 ここは、机といすが設置してあるので

食事などをするにも最適な場所です。

 以前ロータリークラブで、ここに机と椅子を設置する作業に参加しましたが

今回行ってみたら、まだしっかり丈夫なまま設置されていたので安心しました。

この広場がちょうど5合目にあたります。

さらに登っていきますが、

意外にここから上の方が

道がなだらかで岩もないため楽かもしれません。

 そして先ほどの

「蔵王権現」に到着します。

景色のよいスペースがあります。

 ここから山頂へは少し歩くことになります。

 山頂には立派な展望台と駐車場、そして風力発電の風車があります。

360度のパノラマで

大変景色が良く

ここに立てば、登山の疲れも吹き飛ぶことは間違いありません。

 身近に楽しめる田原市の蔵王山へ

皆さんもぜひ一度遊びにきてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA