【「旦」って何】元旦・元日・正月ってどう違うの?

1月1日の呼び名

 皆さんは「1月1日の別名は何?」と聞かれたら何と答えますか。

毎年お正月になると、

「今年の元旦は・・・」とか

「元日の人出は・・・」とか

「正月のこの時期に」といった感じのニュースが流れます。

何気なく使っていますが

「元旦」「元日」「正月」の言葉の意味はそれぞれ違います。

答えを先に言うと

1月1日の別名は「元日」です。

「元日」は1年の最初の日を指す言葉なので、1月1日がその日にあたります。

元旦は元日の朝

「元旦」という言葉もよく聞きます。

今ではかなりの人が、SNSで新年のあいさつを交わすようになったため

年賀状を出す人の割合が少なくなってきていますが

 年賀状では

「元旦」という表現を使う場合があります。

そもそも「旦」と言う字には

水平線「-」の上にお日さま「日」が昇る意味があります。

 お日さまが昇るわけですから

夜明けや朝を指す言葉ということになります。

したがって「元旦」は1月1日の朝という意味の言葉です。

 しかし多くの人が

「元旦」を「元日」と同じ意味で使っているのを見かけます。

また、実際には通用していたりしますから

それはそれでいいかも知れません。

 ただ上記のように、年賀状の場合は文面で残る物でもあり、注意した方が良いかも知れません。

「書いたのが元旦」という考え方だってあり得るわけですので

1月1日の朝に届かなければ、絶対に「元旦」と書いてはいけないという事もないでしょうが

一般的には元日に届かない場合は「元旦」と書くのを避けた方がベターでしょう。

「君、元旦には届かなかったよ。失礼だろう」

なんてことを言う野暮な人もいないと思いますが、

気持ち的にも、書き分けた方がすっきりしますね。

漢字的には奥が深い「旦」の字

 元旦の「旦」の字は、このように1月1日の朝を指す文字ですが

漢字の成り立ちを表す「六書」の中では、どのジャンルにあたるか

意見が少し分かれているようです。

*「六書」については以前記事にしていますので、こちらを参考にしてください。

 「旦」の文字について、「-」を記号のようにとらえると、「旦」は点や線など記号的なイメージで文字が成り立ったとされる「指事文字」であると言えます。

実際には、この考え方を取る方が多いようです。

 ところが、「日」と「水平線を表すー」という意味の漢字を組み合わせていると考えると、象形文字や指事文字の組合せで出来る「会意文字」とも考えられ、そう主張する人もいます。

 あるいは、端的に物の形をかたどった文字である「象形文字」であると考える人もいます。正に日が昇る絵そのままだととらえれば、そういう見方もできるでしょう。

 さらに調べてみると

この「旦」と言う文字には、実は旧字があります。

「詹(タン)」という文字で重さを表していたようですが、その後音が同じという事から「旦」の字に取って変わられたようです

このように「旦」の漢字一つにも色々な話があり、漢字豆知識的には興味深い題材ではあります。

漢字や日本語の面白さ

 話が少しそれましたが

最後の「正月」は

正式には「暦の最初の月」を指します。

結果として、現在の暦では1月が「正月」ということになります。

 イメージとしては

多くの人が、門松などの松かざりを立てておく「松の内」の期間(地域により違うようです。一般的には7日間)が「正月」という感覚を持っているようにも思います。

 私は、忙しい年には、1月の終わりごろ「初詣」に行ったりしますが

そんな時、世間はもう「正月」という雰囲気はなくなってしまっている感じがして、少し盛り上がりに欠けます。

やはり1月前半には行くのがいいのかも知れません。

 そんな事を考えて見ると

「正月」の実際のイメージは、言葉の正しい意味とは少し時期が短い気がします。

 漢字や古くからのこうした日本語は

昔からの習慣に基づいたものでもあり

意味や由来を調べると、実際のイメージとのズレもあったりして

意外なことが分かり面白いです。

 皆さんも、身近に知っている言葉について

一度調べてみるのもいいかもしれませんね。

今後も皆さんのお役に立つ情報をアップしていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA