【外来語あれこれ】聞けば楽しくなる「言葉の由来」

外来語と和製英語

 「言葉の由来」には色々なものがありますが

わかり易いものとしては、外来語があるでしょう。

 そして外来語と言うと、まず思い出すのが

テーブルとかニュースなど、英語がカタカナ表記になった言葉です。

 そのため小学校で外来語を学習する時に

多くの生徒が

「カタカナ語=外来語」と思い込んで

テストのひっかけ問題に見事にひっかかります。

たとえば、有名な所では

「ホッチキス」があります。

これは実は、外来語のジャンルに入る言葉というよりも人名です。

 ベンジャミン・バークリー・ホチキスという銃器を設計していた人物が、一説ではホッチキスの発明者とされているため、この呼び名が一般的になりました。

実際には英語では、「ステープラー」と呼ばれています。

ホッチキスは日本独自の呼び方のようですね。

日本語だと思っていたら外来語

 逆に「日本語だと思い込んでいたら外来語であった」という例もあります。

ビン  ボタン  ネジ

この中で外来語が1つありますがわかりますか?

答えは「ボタン」です。「ボタン」は、ポルトガル語に由来する言葉です。

ビンは瓶という漢字で書ける言葉ですし、ネジも、あまり書くことはありませんが漢字で螺子と書くことができます。どちらも外来語ではありません。

 このような言葉の由来は

知らなければわからないものですが、

知っているとためになる面白い豆知識です。

 そして外来語の中には、到底外来語だとは思えないような言葉もあります。

たとえば

「かっぱ」

 河童ではなく、あの雨の日に着る「かっぱ」ですが

この、雨の日の方の「かっぱ」には

「合羽」という漢字さえあるので

当然日本に古来からある物と思ってしまいますが

実はこれも、ポルトガルからやってきた外来語です。

 来日した宣教師が着ていたそうです。

 ちなみに河童は日本の妖怪ですので、英語でも kappaです。

一番有名な外来語

 勘違いしやすい外来語で

たぶん一番有名なのはこれではないでしょうか。

ご存知の方が多いかも知れません。

 それは「たばこ」です。

今はどうか知りませんが

昔はたばこ屋さんの看板にtobaccoと書かれていて

子どものころは不思議に思ったものです。

この文字を見てわかるように「たばこ」はポルトガル語由来の外来語です。

 漢字で「煙草」と書くこともできるので、当然元々日本にある言葉だと思ってしまいますよね。

 このような言葉の由来を知ると、何だか得をした気分になりますが

それこそが学ぶ楽しさというものかも知れません。

今後も皆さんのお役に立つ情報をアップしていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA