【青空の色】なぜ人は空を見上げてしまうのか?

 ふと青空を見上げます。

私たちは「青空」というと単純に「青い空」って思っていますが

実はそうでもありません。

青空には無限と言っていいほどの色の種類があります。

「今日の青空は何色かな」と言うのもおかしな話ですが

空の色を楽しみにして見るのも面白いです。

 青のようでピンク、ピンクのようで灰色

雲の色と空の色が混ざり合うかのように見えて

とても一言では言い尽くせない色に見えます。

 特に夕暮れの空については

いつまで見ていても見飽きない時があります。

 どうして人は空をいつも見上げてしまうのでしょうか。

 私たちは日々この地上で

いろんな悩みを抱えて暮らしています。

でも空を見れば、そんな地上の悩みが小さなものであることに気づきます。

そして

いつも空はそこにあることに気づきます。

たとえ雲が空を隠していても

いつでも空はそこにあることを

どうか忘れないでください。

あなたはきっと守られています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA