【ミスは取り戻すだけ】「弘法にも筆の誤り」

弘法にも筆の誤り

 歴史上の有名な人物で空海という人がいますが、この人を弘法大師とも呼びます。

真言宗の開祖として名高い人ですが、書道の達人としても名を残しています。そして平安時代に嵯峨天皇(さがてんのう)、橘逸勢(たちばなのはやなり)とともに「三筆(さんぴつ)」と称されていました。 そんな弘法大師もある時、書を書く際に漢字に点をつけ忘れてしまいます。

それで「どんなに名人でその道に優れていてもミスをすることはある」という意味で

「弘法にも筆の誤り」ということわざが生まれました。

ただこの時の弘法大師は間違いに気づくと、なんと筆を「エイッ」と投げつけて点を書いてしまったとされています。

「ミスをしてもしっかりとカバーをすればそれは失敗にはならない]ということをよく知っていたのでしょう。

むしろミスに気付いてからの行動こそ大切なのかもしれません。

 だからこのことわざには、「ミスの修正も名人なら上手にできるのがすごい」という意味も、隠された意味としてあるともいわれています。

同じ意味の言葉が多いことわざ

この「弘法にも筆の誤り」ということわざですが、実は同じ意味のことわざが多くあります。

代表的なものとして「猿も木から落ちる」と「河童の川流れ」があります。

「猿も木から落ちる」については、

猿は木に登るのが得意というよりも日常行動ですが、そんな猿も木から落ちることだってあるということで、「得意であってもミスすることがある」という意味を表します。

同様に「河童の川流れ」も、

河童は川を泳ぐのが仕事のようなものですが、そんな河童も溺れることがあるいうことで、同じ意味を表します。

 こんなに同じ意味の言葉が多いのは

「ミスをするというのは誰だって普通ある」ということを、示しているのではないかと思います。

そんなことから、たくさんのことわざが生まれたのでしょう。

 でも弘法大師の話のように、肝心なのはそこからです。

ミスをしっかりカバーすれば、それは失敗ではなく経験であったり

場合によっては自分の評価を上げる機会にもなります。

ミスをしてうなだれたり、隠したりするのではなく

ミスを生かして次のステップに進みたいものですね。

今後も皆さんのお役に立つ情報をアップしていきます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA